藤岡さん②

生産企画部門の業務内容・役割について教えてください。

私の部門の業務内容は、お客様からどれだけTOTOの水栓のご注文をいただいているか、それを全て数字としてとりまとめ実際に造る部門に渡していくという業務になります。

そのためには、TOTOの水栓を使っている他グループ会社との調整も必要ですし、もちろん販売部門との調整も必要です。そういったところと調整をしながら、私たちがどれだけの数の水栓金具を造っていくかということを決めていきます。そしてTOTOアクアテクノの生産を実行する製造部門に対しては、その日に何個のどんな製品を造ればいいか、という具体的な指示を出します。そして最終的に、実際どれぐらい造れたかきちんと確認をし、間違いなくお客様に対して出荷するところまでが私たち部門の役割となります。

その中での藤岡さんの担当業務は

最近TOTOはグローバル水栓ということで、全世界向けて同じデザイン同じ機能の水栓の発売を始めています。

今までは国内だけだったのですが、最近では、海外のお客様に対しても、TOTOの水栓をどれくらい待っているか、ということを全て私たちのほうで集計をし、そのための準備をしています。海外の販売拠点や海外の製造部門と調整をし、いったいどれぐらいの物を造ればいいのか、ということをまとめている仕事をしています。

どんな時に「やりがい」を感じますか?

私たち生産企画部門の仕事というのは、他の販売部門であったり、製造部門であったり、購買、部品を買う部門であったり、実際に部品を作ってくれるサプライヤーさんであったり、もちろん海外の工場であったり、海外の販売部門であったり、そういったところといつもコミュニケーションをとりながらすすめていかないといけません。

そして、そのいろいろな方々の思いというのが一つになって、上手くかみ合って、回っていった時、たとえば、新商品を発売する時であるとか、何かちょっと問題があったという時に皆で問題を解決しよう、ということができる、そいういったところがすばらしくやりがいを感じています。

問題が発生した場合でも、待っているお客様に対していつでも商品を間違いなくお届けする、というのが私たちの「使命」です。